フリーWi-Fiは不特定多数の方が利用する通信サービスなので、自宅でセキュリティキーを入力して接続するWi-Fiと外出先でフリーWi-Fiスポットで接続する場合とでは、セキュリティに格段の差が出てしまいます。
通常、日本のコンビニやホテルなどではそれなりのセキュリティを強いていると思いますが、海外に行くともっと危険性が高まるので、フリーWi-Fiを利用するに当たり、知っておくべき点を紹介します。

まず、個人情報や法人の大切な情報など抜き取られては困る情報に関しては、入力しないということが大切です。フリーWi-Fiのインターネット通信を利用している時は、名前、電話番号、住所、インターネットバンキングの情報などは入れないようにすべきです。

クラウドサービスは非常に便利なものですが、メルアドやパスワードなどを利用するweb経由ではなく、できる限りアプリを利用する方が安心です。また、もしも公衆無線LANが利用できるところで、携帯電話会社が提供するフリーWi-Fiスポットが利用できるようなら、携帯電話会社提供のフリーWi-Fiスポットを利用する方が安心です。

Free PublicまたNone等SSIDがよくわからないWi-Fiには接続しない方が安全です。特にFree Public等の場合、ウイルス感染する可能性が否定できないので、利用しない方がいいでしょう。


コンビニに入るとWi-Fiが利用できますという表示が画面上に出てくることがあります。これは、このコンビニに公衆無線LANサービスシステムがあり、接続の設定を行えば無料でインターネット通信ができますよという合図です。

スマートフォン例えばスマホからコンビニ店のフリーWi-Fiスポットにつなぐ方法を説明します。
まず、スマホの設定画面からWi-Fiを選び、そこに出てきたコンビニのSSIDをタップします。
通常、自宅でWi-Fiを利用する場合、ここでセキュリティキーなどを入力しなければなりませんが、フリーWi-Fiスポット、コンビニの設定では、通常必要としません。
つまり、パスワードがかかっていない状態です。

接続してインターネットブラウザを開くとコンビニのサイトが出てくるので、そのページの中の無料高速インターネットに接続するという部分をタップします。会員になっている方はそのまま接続すればいいのですが、ここで会員登録の画面が出てくるので、メルアド、性別、誕生年、パスワードなどを入力します。これでコンビニで利用できるフリーWi-Fiの設定が終わりました。非常に簡単です。

セキュリティに関して不安があるという方も多いと思いますが、Wi-Fiに関してサービスを提供している企業などはセキュリティに関する対策をしているので、こうした対策を利用すると安全性が高まります。